このサイトでは、質屋を利用するにあたっての詳しい情報が解説されています。
リサイクルショップとの違い、また使われるルーペの意味について等、基本的な知識から、査定だけの利用でもいいのか?といった初心者の疑問にもお答えしています。
色々と査定を希望されるアイテムがあると思われますが、特に取引の多い結婚指輪の買取・質預かり相場、ゲーム機本体の買取・質預かり相場等については詳しく把握して頂くことが出来るでしょう。

質屋とリサイクルショップの違いを解説

質屋とリサイクルショップの違いを解説 質屋とリサイクルショップ、同じような品物の売買取引を行っているイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、実は違いがあります。
大きな違いとして、質屋では品物を担保としてお金を融資する営業許可を取得しています。
お金を借りることが出来るのです。
しかし、リサイクルショップショップではそのような事は出来ません。
品物の売買のみになります。
また、質屋のほうが歴史も長く、鎌倉時代から既に存在していたと言われています。
現代では店舗数も減少傾向にありますが、特徴的なシステムで品物の取引を行っているので、利用の際は間違えてしまわないように気を付けましょう。
質預かりから質流れ品になったものは、店舗やデパート等でも販売されているので足を運んでみるのも面白いものです。

質屋に行く時に必要なものを知っておきたい

質屋に行く時に必要なものを知っておきたい 月末のお給料日前に、数万円程度のお金が足りなくなることがあります。
アルバイトや派遣、フリーターなどで雇用が安定していないと、銀行や消費者金融の審査に通らないことが多いです。
質屋は高級ブランド品や貴金属などの商品を、質入れすることで融資を受けることが出来ます。
質屋で必要なものは本人確認をするための、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証明書が必要です。
身分証明書は忘れないように、前日に用意をしておきましょう。
質屋では担保に入れるための楽器やブランド品、金やプラチナなどの貴金属などの商品が必要です。
お店では経験豊富なスタッフが在籍をしているので、商品の価値に応じたお金を借りることが出来ます。
キャッシングやカードローンを利用するのは、抵抗を感じている人には質屋がお勧めです。
事前に電話などで問い合わせをしておくと、来店時に必要なものを教えてくれます。
質屋では元金にプラスして利子を支払う必要がありますが、支払い期日までにお金を返すことが出来ると、質入れした商品を取り戻すことが出来ます。
雇用が不安定な人や専業主婦、年金受給者なども利用出来るので、まずはスタッフに査定を依頼することが大事です。

質屋での借り入れは銀行での融資とはどのような点が異なるのか

そう遠くないうちにまとまったお金が必要となったときにとれる方法に、質屋を利用する方法と銀行から融資を受ける方法があります。
これらはお金を借り入れることができるという点では一緒ですが、仕組みは全く異なります。
質屋からのお金の借り入れは、所有している物を預けるかわりに、その物の価値に見合ったお金を貸すというものです。
指定された期日までに元金と利息を合わせたお金を用意して、質札を添えて店に提出すれば、預けた物を取り戻すことができます。
期日までに返済できなかった場合は質流れとなり、所有権は強制的に店側に移り、客側から見れば品物が買い取られた形になります。
これに対して、銀行からの融資では、事業者の弁済能力や信用情報、担保物件などの要素をもとに、申し出た資金の全額もしくはそれに近い金額を貸し出します。
期日までに返済が必要な点は質屋と同じですが、借入額が大きいため何度かに分けて返済を行います。
通常は不動産などを担保として提供しますが、条件次第では担保なしでも借りられる場合があります。
期日までに返せなかった場合、債務整理を実施しなければ、最悪の場合担保物件を失ったり、事業の継続ができなくなります。

質屋の質預かりと買取の仕組みの違いは所有権の所在

質屋が品物を質にしてお金を貸す仕組みを質預かりといいますが、金融機関の融資との違いはお金を貸す際に借入れ状況や貸し倒れなど個人の信用情報を問題にしない点です。
質屋に質入れすることで価値に見合った対価を融資してもらうことができ、所定期間内に借りたお金と金利や保管手数料を払えば品物は戻ってきます。
追加で利息を払えば質入れの期間を延長することもできますが、所定期間内に利息を支払わなかったり借りたお金の返済が難しいときは質流れといって品物の所有権が質屋に移ります。
所有権が移った段階で個人とのお金の貸し借りに関わる契約が終了するので返済の必要はなくなり、金融機関のように催促されることもないです。
質屋では質入れの他に買取もしています。買取専門店と同じで持ち込んだ品物を鑑定することで相応の対価を現金で得ることができる仕組みです。
価格変動しやすい物は質入れより高額を手にできることもありますが、所有権が移るので品物が手元に戻ることはないです。

犯罪防止としての質屋の本人確認書類について

昔から質屋といえば、その暖簾をくぐるのにはとても敷居の高く勇気のいるものでした。人目を忍んでこっそり、というイメージはもはや現代にはまったくありません。
不用品売買をはじめ、いらなくなった生活物品を売ったり買ったり、誰でも自由に人目を気にすることなくできるようになったのは時代背景ではないでしょうか。
犯罪防止において本人確認書類の提出は必須となっています。
これは、業界の共通事項でもあり、免許証や健康保険証などを提示し確認しますが、写真が付いている公的な証明書でも大丈夫な場合があります。不用品売買を扱う質屋は、盗品などが相変わらず持ち込まれ売却される例が後を絶たないため、本人確認はどこのお店も徹底されていることと思います。
本人確認書類は、銀行などに口座開設されるときにも必要になりますが、個人情報などの管理は質屋業界で徹底されて漏洩などの心配はありません。安心して提示又はコピーを渡しても大丈夫です。

質屋で査定を受けるなら必ず持っていきたい付属品

時計やバッグなどのブランド品を新品で購入したときには、ギャランティカードや外箱などの付属品があります。 こうしたアイテムは箱を開けたら不要になるので、すぐに処分をしてしまうかもしれません。
しかし処分をしてしまうと将来売却をしたくなったときに、損をする可能性があるので注意しなければいけません。 質屋でブランド品の査定を受けるときも、必ず新品の購入時に付属していたアイテムを持っていきましょう。
ギャランティカードがあると持ち込んだブランド品が正規品であると証明できるので、質屋は必ず買取をしてくれますし、査定額のアップも期待できます。 また外箱も同じように査定額のアップに繋げることができるので、重要なアイテムになります。
査定時に付属品をすべて持っていくのは、ブランド物に限らず不要品の買取では当たり前のテクニックです。 質屋の査定でも重要視されるポイントなので、高く売りたいなら大切に保管し一緒に持っていってください。

買取専門店と上手に使い分けをしたい質屋の賢い使い方

質屋には、買取専門店にはない質入れというシステムがあります。 そのため買取専門店とは違った使い方ができるので、お得に不用品を処分したいときには使い分けるのがおすすめです。
最近の質屋は質入れだけではなく、買取専門店と同じように買取もできます。 買取と質入れの違いは、預けた品物が手元に帰ってくるかどうかです。
買取は他店と同じように査定を受け取引が成立したら、持ち込んだ品物と現金を引き換えます。 取引が成立した時点で品物の所有権は店舗側に移動するので、基本的には取り返すことはできません。
しかし質入れは品物を担保にお金を借りるシステムなので、定められた期間内にお金を返せば取り戻すことができます。 ここが質屋と買取専門店の大きな違いで、使い方次第では非常に便利です。
たとえば給料日前などに緊急でお金が欲しくなったとき、質屋をうまく活用すればブランド品などを担保に一時的にお金を借りて、給料をもらい次第返済すれば取り返せるので上手に使い分けましょう。

買取ショップとは違う!質屋でのお金の借り方

質屋では買取ショップのようにブランド品を買取るわけではなく、質草として担保に取りお金を貸すという形になります。
どうしてもお金が必要な時に大切なものを持込みお金を借り、給料が入ったらお金を持って行き質草を取り戻すことができるのです。
質屋でのお金の借り方は、価値のあるものを持込み査定をしてもらい、納得がいく金額だったらそのまま商品を預けます。
必要なものは預ける商品の他に身分を証明できる書類や印鑑となります。
3ヶ月以内にお金を持って行くと返してもらえ、持って行かなければ質流れ品になり販売されるのが決まりです。
取り戻す時の金額は、借りた金額よりも少し高くなります。
売っておしまいの買取ショップとは違う形態となるため、一時的のお金が必要だけれど商品は売りたくない人に向いている方法です。
質屋によっては、質草として預けるか買取かを選べるところもあるため、選択肢が欲しい人はそのようなお店を探すのが賢明でしょう。

質預かりから買取へ変更可能な質屋のシステム

買取店と違い質屋には、質預かりと買取の2種類があります。
質預かりは品物を担保にお金を借りる方法で、期限内に返済をすれば預けた品物は取り返すことが可能です。
一方の買取は一般的な買取店と同じで、取引に同意すれば品物を手放しお金を受け取ります。
基本的にあとから取り返すことはできないので、質屋を利用するときは目的などに応じて適切な方法を選びましょう。
預けてお金を借りたアイテムに関しては、途中で買取に変更可能です。
買取にした場合と比べて査定額が低く、また預けている間に価値が上昇する可能性があります。
たとえば金やプラチナ製品なら相場が上昇し、借りた金額以上の価値が出る場合もあるでしょう。
そんなときに変更を申し出れば、高値で手放すことができます。
質屋は、上手に利用すると賢くお金を手に入れられるシステムです。
損をしない、失敗しないためにも質屋を利用するときには、状況に応じて臨機応変に対応するようにしましょう。

金融機関の利息の注意点と質屋で査定をして現金を用意する選択肢

金融機関からお金を借りる場合、利息の支払いもあるなど、お金をかりる場合は計画的に考えてから決めることが求められます。
また、状況によってはクレジットカードが使えなかったり、金融機関の審査が通らないなど、厳しい状況の中での金欠もあります。
金融機関からお金をかりるためには審査があり、すでにお金をかりている方がこれ以上お金を借りるのは難しい状況もあります。
スムーズに必要なことにお金をかりて対応していけるようにしたくても審査が下りないときに、使っていないものを査定して現金に変える質屋に注目です。
街の身近なところにある質屋は、ブランド品など、価値のありそうなものを売ってお金に変えていくことができるチャンスがあります。
クレジットカードも使い方によっては、しばらくカード払いができなくなる中断の状況が起こるリスクもあります。
困ったときに質屋で現金を用意できる機会を作れるように注目すると、安心して対応していけるようんある方もたくさんいます。

質屋の質流れとはどんなシステムなのか解説します

質屋を利用してお金を借りたいと考えていても、どんなサービスか具体的に知らなければ、はじめてのサービスの利用に不安になることもあるでしょう。
質入れは品物を担保にしてお金を借りるというイメージはできても、質流れのシステムはどうなっているのだろうと思うこともあるでしょう。
質流れというのは、決められた期限日までに質屋で借りたお金と利息を返せなかった場合、ブランド品などの担保として預けた品物の所有権が質屋に移ることを言います。
所有権が質屋に移ると、品物はどこへ行くのかは気になることもあるかもしれません。
利用するお店によって品物がどこへ行くかの違いはありますが、オークションやネットショップなどといった場所に品物は流れることが多いです。
そして、質入れや買取もおこなうお店であった場合、店頭で販売されることもあります。
そういったお店であれば、まだ商品が売れていなければ、期限にお金を返せなかったときでも、後から買い戻しができるケースもあります。

質屋の質預かりと買取でどのような違いがあるのか

質屋というと買取店に似ているイメージですが、質預かりと買取でどのような違いがあるのか気になるのではないでしょうか。
質屋は広義の買取店に含まれますが、質預かりという形で一定期間品物が管理され、期間が過ぎればお店のものとして品物が質流れするのが特徴です。
期限内であればまだ品物の所有権はお店側にないので、質入れした人が代金を支払えば取り戻すことができます。
一般的な買取店だと、売買成約が成立した時点で品物の所有権はお店に移りますから、後々売却をキャンセルしたくなったり買い戻したくなっても間に合わないです。
売れていなければ買い戻せる可能性はあるものの、質屋と比べて確実性に欠けるのが欠点です。
査定して価値の評価が行われ、価格を提示して納得したら質入れ、もしくは買取になるのは共通するところです。
質屋の質預かりは一定期間の猶予を持たせる仕組みなので、一時的に現金を手にするつもりで預けたり、取り戻す予定がある場合に適している選択肢となるのではないでしょうか。

質屋には厳密に言えば2種類の営業スタイルがあります

質屋は古い時代から営業をしている特殊性のある店舗になり、多くの方が知っているように、まとまった現金が必要なのに手元に無いという場合、価値ある物品を店舗に持ち込みをすることで鑑定後に価値相応の現金を受け取れる方法になります。
利息も発生しますが借金とは意味合いが異なり、返済をしなくても期日を過ぎると物品を失うだけなのでキャッシングやカードローンとは違いは明確です。
この質屋ですがどのような店舗でも同じ仕事をしているのですが、厳密に言えば販売店舗を構えているお店とそうではないお店に分けることができます。
販売店舗の場合は、質流れになった商品や独自に仕入れをしたブランド品などを中古品として店内で販売をしている営業スタイルです。
他の種類では店舗といっても利用者しか入れないようにしているお店があり、価値ある物品に対して現金を渡し、期限までに返済を受けることまでは一緒ですが、質流れになった際には自店舗ではなく同業社間での競売に掛けて売却をする営業という違いがあります。

買取店にはない、質屋ならではの預かりシステムとは

ブランドバッグやアクセサリー、宝飾品を売却したいという場合は買取店に持ち込むことが一般的です。とはいえ、本心では手放したくないものの緊急に資金が必要になって泣く泣く売りに出すということも多いはずです。
そんなときは、買取店とは異なる質屋ならではの預かりシステムによって買い戻すことが出来る場合があります。
質屋の預かりシステムとは、持ち込まれたブランドバッグなどの品物をいったん買い取って査定額を支払いますが、その品物をすぐに商品として店頭に並べることはなく、一定期日にわたって保管しておいてくれるというシステムです。
その期間内であれば品物を売った客は査定額に手数料をプラスした金額で購入することが出来るのです。つまり、月末に金欠になったためいったん品物を売って資金を得て、翌月の給料日に買い戻すということも可能です。
しかし、一定期日を過ぎるとその品物は販売商品として店頭に並びます。そうなると他の客に買われてしまうので取り戻すことはまず出来ません。

質屋に預けた品物が流れるとどうなるのか?

質屋にはブランド品や楽器、IT機器などを買い取ってもらう買取のほかに、一時的にその品物の査定額を受け取り、後日査定額と同額の金額と手数料を支払って請け出す預かりという二つのシステムがあります。
そのうち、預かりは定められた期日までに資金を用意して受け取ることが出来なければ、品物は中古商品として販売されることになります。そうなった場合のことを質屋では品物が流れると表現します。
では、流れた品物がどうなるのかというと、一つはその質屋でそのまま販売されることがあります。この場合、店頭に並んでいるうちに販売額を支払えば購入することは可能ですが、預かってもらっていた品を請け出すときよりも高くなってしまいます。
もう一つは、店頭には並ばずに質屋同士の流通市場に出されることになります。自分の店では買い手がいない品であっても、同業他社であれば買い手がいる可能性があるためお互いにそういった品を売買するのです。そうなると買い戻すことはほとんど不可能です。

質屋は鑑定の重要性が高く評判で選ぶことが大切

質屋に品物を質入れする場合は、査定価格を左右する鑑定が重要なので、利用者の評判を確認してお店を選ぶことが大切ではないでしょうか。
買取店と同様に、質屋も品物の状態や付属品の有無、市場の相場と照らし合わせて品物の価格を決めます。価値ある品物であっても、真価が分からなければ妥当な価格はつけられないので、鑑定が非常に重要になってきます。
評判の良い質屋は、他店よりも高価に査定されたり、質入れできたりといった口コミがあるものです。一方で評価が高くないお店は、査定価格が高価ではなく、平均と比べても低い可能性があります。
質屋は、価値を評価して引取る業務を行っていることから、お客様より価値が適正に評価できることが求められます。
価値を見極める目は真贋を見分ける目と同様に重要で、経営目線でいえばお客様の獲得やリピーターの増加に関わります。
お客様目線だと提示価格がお店の魅力そのものなので、他店より1円でも高い提示に期待できるお店を選ぶべきではないでしょうか。

金を担保にお金を借りられる実績豊富な質屋を探す

金は価格高騰で注目されることが多く高値で売却され、質屋でも金を担保にお金を借りられます。質屋には鑑定力が高い専門スタッフがいますし、金の価値を調べる機械など、設備が充実するところもあります。
質屋は歴史あるお店を探すことで実績も分かりますし、金が実際の純度よりも低い形で査定額が付くトラブルを避けられる点も安心です。
お店それぞれ独自の査定基準がある中で、実績があるお店はお客様の話を否定せず、その場で査定額アップをする柔軟性を持ちます。金は1グラムから買取できるお店も多く、切れてしまったネックレスや片方ないピアスも査定の対象です。
お金が今すぐ必要な時に消費者金融に頼らなくても、壊れた金のアクセサリーがお金にかわる可能性があります。
買取は売却手数料が設定された買取店だと高く売れない場合がありますが、質屋の中には売却手数料無料のところもあり、査定結果の満足度が大きいです。
歴史あるお店なら、買取実績を知ることができるため、売りたいものの現在の価値を予測してから査定をすることができます。

おすすめの質屋情報サイト

名古屋にある質屋